書籍ページレイアウトデザイン法則Van de Graaf Canon

スポンサーリンク

デザインやレイアウトの仕事をしている人は知っておいた方がいい内容かと思います。下のアニメーションはVan de Graaf Canonという手法を解説したものです。ブックデザインにおけるページ分割の理想的な比率を実現する方法だそうです。ヤン・チヒョルトがThe Form of the Bookという著書の中で紹介し、普及しました。

↑手順紹介です。じっくりご覧ください。簡単に描けそうですね。

この方法は、コンピュータや印刷機、明確な測定単位さえない時代から存在していました。パイカもポイントも、インチもミリメータも必要ありません。直線の縁と紙と鉛筆だけで実現できます。

そして、この方法は現代においてもなお有効です。このシステムは、かつて、グーテンバーグやチヒョルトら写本筆写者の仕事に使われていた頃と同様に、今もなお、超近代的デザインによる有効性や美しさや上品さを備えているのです。

以下、この手法が現代においても適用されていることを示す3事例です。

テキストだけでなく、画像メインのパンフレットやイラスト集にも応用が効くということですね。もちろんWebサイトにおけるページや電子書籍のレイアウトを考えるのにも参考になるでしょう。しかし、人はなぜこの比率になぜ心地良さやハーモニーを感じるのでしょう。非常に興味深いですね。

The Secret Law of Page Harmony | Retinart

スポンサーリンク