ワイプアウト再現動画はフェイク、ソニーのステマか

スポンサーリンク

超電導による量子浮揚技術で、反重力ミニ四駆レーシングゲーム「ワイプアウト」を再現したという動画が話題になっていますが、どうやらCGによる嘘の作り物であるとの疑いが濃厚です。まずは、問題の映像をご覧ください。

続いて、フェイクである証拠を示した検証動画です。

蒸気が壁を通り抜けてしまっていますね。さらに、映像の最初と投稿元に記載されているJapan Institute of Science and Technologyなる団体は現実には存在しないと思われます。

実態は、1月19日に発売を控えているPlayStation Vita版「ワイプアウト2048」のプロモーションとして、ソニーが口コミによる広告宣伝効果を狙ったビデオであると見られています。とりあえず、バイラルマーケティングは大成功といったところでしょうか。

超伝導体による量子浮遊テクノロジーそれ自体は注目を浴びていただけに、信じてしまった方も多いようです。巷で話題のステルスマーケティング(ステマ)の一事例と受け取られかねない手法です。

スポンサーリンク