近視予防には1~2万ルクス(曇り時屋外の照度)の光を毎日2~3時間浴びる必要

スポンサーリンク

私もおおかたの皆さんも非常に感心のある近視の原因とその防止策の話題です。まずは矢印先の記事を先にお読みください。->近視の原因は日光に当たる時間の短さという研究結果…遺伝・テレビゲーム・読書・パソコン関係なし!

では、目が悪くならないためには、どの程度の照度の光をどれだけの時間浴びる必要があるのか気になるところです。やはりMorgan教授が、BBCの記事において推論を披露してくれています。

「私たちは、野外の光を一日2~3時間浴びる必要があるのではないかと話しています。快晴である必要はありません。効果が生じる範囲は、1万~2万ルクスであると考えています。確信はありませんが。しかし、その程度なら、イギリスの曇りの日でも完全に実現可能です。」

BBC News – Massive rise in Asian eye damage
さて、1万~2万ルクスとのことです。ロンドンの曇り日の明るさくらい、屋内でも得られるんじゃないかと思ってしまいますが、どうでしょう。

太陽光の日平均は32,000lx (32 klx) から100,000lx (100 klx)
テレビ放送のスタジオは約1,000lx (1 klx)
明るいオフィスは約400lx of illumination
月の光は平均約0.2lx
星の光は0.00005lx (50µlx)

ルクス – Wikipedia
明るいオフィスの照明で400ルクスということで、普通は全く足りないことがわかります。

下は大阪市立科学館の資料です。

照度(ルクス) 明 る さ の 目 安      (ルクス)
100,000 ・雪山・真夏の海岸        
・晴天昼太陽光        
・晴天午前10時太陽光      
・晴天午後3時太陽光      
・曇天昼太陽光         
・曇天午前10時太陽光      
>100,000
100,000
65,000
35,000
32,000
25,000
10,000 ・曇天日出1時間後太陽光      2,000
1,000 ・晴天日入1時間前太陽光     
・パチンコ店内          
・百貨店売場         
・蛍光灯照明事務所      
・日出入時              
・30W蛍光灯2灯使用八畳間      
・夜のアーケード       
1,000
1,000
500~700
400~500
300
300
150~200
100 ・街灯下            
・ライター@30cm            
50~100
15
10 ・ロウソク@20cm         
・市民薄明(太陽天頂距離96度)      
10~15
・月明り            
・航海薄明(太陽天頂距離102度)  
・天文薄明(太陽天頂距離108度) 
0.5~1
0.01
0.001

照度と明るさの目安
なんとなく、掴めてきましたね。やはり外に出ないとダメですね。太陽の力は偉大です。

スポンサーリンク